切削加工が苦手な形状

切削加工はその高い正確さと対応できる形状の種類が多い加工方法ですが、中には切削加工が苦手とする形状もあります。
その代表的なものが内角部分のピンカドです。切削加工は素材に回転する刃物を素材に押し付けて削り取っていくことで形を作り出す加工方法となります。
動く時も壁面に沿って動くことになるため、どうしても直角形状になっている部分は加工工具が入らなかったり均一に加工することが難しいため苦手としています。

またアンダーカット形状も苦手されています。
アンダーカット形状とは影の部分にある形状で、こちらも工具が入りにくい形状となるので加工難易度が上がります。また加工できたとしても膨大なコストがかかってしまう場合が多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る