真鍮ってどんな金属?

真鍮という金属は、他の金属とはどんな違いがあるのでしょうか?

真鍮は黄銅とも呼ばれていて、銅と亜鉛が混ざった合金ですが、金属の含有量の割合や熱の加え方次第で色や形が変化するのです。

日本では古くから金貨や仏具などで親しまれていて、トランペットやサックスなどの管楽器に真鍮が使われている事で有名ですよ。

経年による変化で光沢がくすむため、アンティーク調のような重厚感のある雰囲気を楽しめますよ。

真鍮は水に弱い性質があり、汗などでも錆びやすいため、布で拭くなどのお手入れが大切ですよ。

真鍮は金属アレルギーが起こりやすい金属ですから、気になる方はアクセサリーを身に付ける前に皮膚科でパッチテストを受けると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る