金属の多くは非常に強度が高いことがメリットでもありますが、逆に強度が高すぎることで加工がしにくいというデメリットもあります。
強度が高い金属は航空機や自動車などの強度が必要な部品として使われることが多いですが、これらの部品は少しでも設計通りにできていないと十分な強度を発揮することができません。
そこで確実に設計通りに作るために必要なことが、研磨加工で不要な部分を取り除く行程なのです。

そんな研磨加工では、材料の表面をなめらかにすることで目視が難しい小さな不要な突起などを取り除き、仕様通りの部品を仕上げることができます。
最近では金属以外でも僅かな誤差があると故障にも繋がる部品の製造にも技術が使われています。

金属に対しては機能面向上の目的のために研磨加工を行うことが多いですが、石や木などを使用した工芸品の場合には見た目の美しさを出すために行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る