過去の記事一覧

  • 鉄の鎖ができるまでの工程

    金属で作られる鎖は、とても丈夫で切れにくいと言われているため、船を岸に繋いだり、子どもの遊具に使われています。 ブランコで使われる鎖は太さが6mmになっていて、よく見れば繋ぎ目が分かりますし、一つ一つの輪のことをリ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属のクリープ現象

    金属の強さを測る実験には様々なものがありますが、シンプルなものは金属を強い力で引っ張っる「引っぱり試験」や、一瞬の強い衝撃を与えて壊れるかどうかを確認する「シャルピー衝撃試験」、圧力をかけていきどの程度の圧力まで割れずに…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 切削加工の種類 後編

    今回は前回ご紹介した切削加工の種類紹介の後編です。 前編では紹介しきれなかった切削加工をボリュームアップしてご紹介するので、今回もお付き合いください。 まずご紹介するのが、「面取り」です。工作物の角を斜めに削る加…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 切削加工の種類 前編

    切削加工は、金属を中心に木材やプラスチック加工等、様々な造形作業において一般的な加工手段となっています。 今回はその中でも旋盤で行なう時の切削加工の種類をご紹介します。 まず「外丸削り」は、工作物の外周を円筒形に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • あまり知られていないプラチナの歴史

    プラチナという金属は、とても貴重な金属だと言われていますが、どれくらい貴重なのか知っていますか? プラチナは地底1,000mにあるため、年間の生産量は金の20分の1の200トンほどですが、金属界のエリートと言われて…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プラチナはホワイトゴールドとは異なる?

    装飾品でもよく使われているプラチナは日本語で白金と書きますが、似ていて紛らわしいプラチナとホワイトゴールドは異なるものだということを知っていますか? まず、プラチナには金という字が入っていますが、ゴールドではありま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 溶解して成形するプラチナの加工

    ジュエリーでもよく使用されているプラチナを加工する際には、溶かして成形するという工程が必要ですから、今回はプラチナの加工の流れについてご紹介いたします。 まずは、融点が1772度という高温のプラチナを溶かすために、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鋼球が出来る過程

    ボールベアリングは自転車の車輪や電車の車軸やリール、風力発電などに使われていて、私たちの生活には欠かせないものとなっています。 そしてこのボールベアリングに使われているのがたくさんの鋼球です。 ボールベアリングに…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっとも使われる金属・鉄の性質

    金属の中でも地球でたくさん採ることができる鉄は、様々な場所で様々な物に加工されて使われていますが、鉄がよく使われている理由はその性質にありますので紹介いたします。 硬い金属としても有名な鉄は、本来の純粋な鉄はとても…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 世界に影響する金

    金は数千年以上も前から人々を魅了してきた金属として知られています。 採った金の内、およそ5割が宝飾品として使われますが、冷めにくいという特性や柔らかく伸びやすいという特性から、工業利用としても重要視されている金属なので…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る