ドライアイスに金属をくっつけると・・・

ドライアイスに様々な金属をくっつけると昇華と呼ばれる現象が起こり、それぞれ違った音を発生させます。
固体が気体になるには通常は液体になってからですが、固体が液体にならずそのまま直接気体になることを昇華と言い、このように音が出るのは金属の熱伝導率の良さが理由です。

金属にドライアイスが接触した場合、金属にある熱がドライアイスに急激に伝わると、その熱でドライアイスが昇華して大量の気体を発生させます。
この気体により一旦押し付けている金属はドライアイスとの接触が無くなりますが、気体が少なくなって再び金属が押し付ける力が勝ちドライアイスと接触するとまた大量の気体が発生します。
ドライアイスに金属を押し付けているとこの現象が何度も高速で行なわれているため、音が発生するのです。

またこの現象はドライアイスが昇華して起こっていることですが、金属自体も高温にすることで昇華の現象を見ることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る