ステンレスのはんだ付けの方法

100wタイプの家庭用のはんだこてを使うと、ステンレス製品のはんだ付けを行なう事が出来ます。
今回は底が錆びてしまって穴が空いてしまった噴霧器をはんだ付けで修理します。

まず底の錆をワイヤーブラシで綺麗に取り除き、ワイヤーブラシで取り除けない細かい錆も紙ヤスリ等を使って残らない様に磨いていきましょう。
ステンレスの表面には酸化膜が付いていますのでこのままはんだ付けしても綺麗に仕上げられません。
そこでステンレス専用のフラックスを使用し、ステンレスの酸化膜を除去していきましょう。

フラックスが手や目に付かない様に注意し酸化膜を除去出来たら、はんだを乗せる場所をはんだこてで充分に加熱します。
加熱出来たらはんだを押し付ける感じで流し込み、加熱した場所にはんだが広がっていくのを確認したら念入りに塞いでいきましょう。
後は錆を防ぐ為にフラックスを残さずしっかり洗い流せば完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る