金属火災に対応した新装置

一部の火災の原因や爆発の危険性が高い金属による金属火災は、水や消化剤では燃焼温度が高すぎて消火ができません。
更に水と激しく反応を起こし、更なる水素爆発を起こしてしまう可能性もある為、金属火災の消火には時間がかかってしまう事がありました。

今回開発された消火装置では、このような対応に時間がかかってしまう金属火災に対して迅速に対応する事が出来るそうです。
普通金属火災を鎮火させるためには専用の薬剤が必要で、普通の消防車では対応出来ませんでしたが、この装置の開発によって一般火災用の消化剤と金属火災用の消化剤を同時に、しかも大量に運ぶことが出来るようになったため、火災の種類に問わず迅速な対応が可能になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る