金属製の電柱を見かける理由

電柱と聞くと一般的にコンクリート製のものが思い浮かびますが、地域によっては金属製の電柱もよく見かけるようになりました。
電柱に使われる素材にはこれらの他にもプラスチックのものが挙げられますが、金属製のもとのプラスチック製のものはコンクリート製に比べて軽いのが特徴です。

そのため立地上、コンクリート製の電柱を設置するのが不可能だったり難しかったりする場所には、金属製の電柱が使われる事が多いそうです。
また金属製の電柱は大型重機を使う必要も無く、工期の短縮にも繋がるので、色んな条件の元でどの素材の電柱が使われるのかが決められている事になります。

普段何気なく目にしている電柱ですが、住んでいる地域にはコンクリート製のものが多いのか、それともプラスチックや金属製のものが多いのか見ながら歩いてみるのも面白いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る