金属工場の仕事

一言で金属工場と言えども、鉄鋼業や非鉄金属製造業、金属製品製造業など様々な種類の工場があります。
もちろん、それぞれ役割が違いますので、今回は簡単にそれぞれの仕事をご紹介いたします。

鉄鋼業

鉄鉱石などから作り出した鉄から、さらに鉄板等に加工していくのが鉄鋼業です。古くからある業種で、今では製鉄所と言った方が馴染み深いかもしれません。
鉄は私たちの生活の身近なところに多くあり、生活に欠かせないものとなっています。そのため、製鉄所の数も全国各地に多くあります。

非鉄金属製造業

鉄ではない金属「非鉄金属」を扱います。行なう事は鉄鋼業と同じで、鉄以外の鉱石等から非鉄金属を取り出して加工します。
非鉄金属で身近にあるものと言えば、アルミや銅でしょう。アルミはアルミホイルやアルミ缶に使われますし、銅線として電化製品を使うのに欠かせません。

金属製品製造業

鉄鋼業や非鉄金属製造業で加工された金属の仕上げを行なうのが金属製品製造業です。
「金属加工業」と言えば金属製品製造業を指している事が多いです。
私たちが最終的に目にする形に加工する工場、と言うとより分かりやすいかもしれません。
最終仕上げを行なうという事で、その加工方法も非常に多いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る