プラチナリングを作ってみよう

結婚指輪にもよく使われているプラチナを使って、たった20分で指輪を作る工程をご紹介いたしますので、ぜひ参考にしましょう。

トンカチや定規など必要な工具を用意したら、1,5mmのプラチナの丸線に指輪のサイズの線を書いておき、万力に丸線を挟んで糸鋸で線に合わせてカットするのです。

丸線の全体が朱色になるまで均一にバーナーで熱したら、丸線の両端をヤスリで削って酸化膜を落とし、芯金棒に丸線を巻きつけて木槌で両端を叩き、リングのような丸い形状を作るのです。

リングの合わせ目にはプラチナロウを差し込んで真円を作り、リューターで余分なロウを取り除いたら、プラチナ本来の綺麗な輝きを出すことができますよ。

芯金棒にリングを通して、金槌で叩きながらサイズの調整を行い、ヤスリやバフなどで磨き上げたら完成です。

https://youtu.be/iof1cnpTraA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る