鉄の鎖ができるまでの工程

金属で作られる鎖は、とても丈夫で切れにくいと言われているため、船を岸に繋いだり、子どもの遊具に使われています。

ブランコで使われる鎖は太さが6mmになっていて、よく見れば繋ぎ目が分かりますし、一つ一つの輪のことをリンクと言い、リンクが複数繋がることにより鎖ができるのです。

小さな鎖を作る場合には、6mmほどの鉄の棒が使われて、機械で決められた長さごとに切り込みが入れられ、機械による切ったり曲げたりという動作をスピーディな速度で繰り返されることにより、リンクが作られて繋げられていきます。

まだこの段階では鎖の形が三角になっていますが、後に機械で一つ一つ楕円形の形に成型され溶接されて、よく知られている鎖の形が出来上がるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る