あまり知られていないプラチナの歴史

プラチナという金属は、とても貴重な金属だと言われていますが、どれくらい貴重なのか知っていますか?

プラチナは地底1,000mにあるため、年間の生産量は金の20分の1の200トンほどですが、金属界のエリートと言われていて、主に宝飾品の材料として使われていますが、近年では工業品への需要も高まっているのです。

プラチナの値段は、主要な生産国である海外の景気動向に影響を受けるので、景気が良いと価格が上がるようです。

プラチナの生産地は南アフリカやロシア、北アメリカという限られた地域でのみ生産されていて、南アフリカは8割の生産シェアを持っていますが、プラチナは地球外鉱石なので、隕石衝突によってプラチナの鉱脈ができたのではないかと言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る