プラチナはホワイトゴールドとは異なる?

装飾品でもよく使われているプラチナは日本語で白金と書きますが、似ていて紛らわしいプラチナとホワイトゴールドは異なるものだということを知っていますか?

まず、プラチナには金という字が入っていますが、ゴールドではありませんので、装飾品をプレゼントする際には注意しましょう。

ホワイトゴールドは文字通り白い金であり、パラジウムという金属が混ざっている金が主体として作られた銀色の合金ですが、パッと見の見た目はとても似ているのです。

ホワイトゴールドは銀色のメッキをかけてあることにより、ツヤツヤとした輝きがあり、プラチナは金属そのものの銀色の輝きを楽しむことができますよ。

ピンクゴールドは銅が混ざっていることにより、ピンクがかった色合いを見ることができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る