もっとも使われる金属・鉄の性質

金属の中でも地球でたくさん採ることができる鉄は、様々な場所で様々な物に加工されて使われていますが、鉄がよく使われている理由はその性質にありますので紹介いたします。

硬い金属としても有名な鉄は、本来の純粋な鉄はとても柔らかいので、新たな性質を生み出すためには炭素を混ぜる必要がありますよ。

混ぜる炭素の量が少ない場合には、柔らかさがあるので簡単に曲げられますし、スチール缶や船、自動車など様々な部品に加工することができます。

炭素の量が中ぐらいの場合には、曲げてもすぐに元の形に戻るという性質を持っていて衝撃にも強いので、機械の部品やノコギリなどの工具に加工されます。

混ぜる炭素の量が多い場合には、変形させられないくらい硬い性質になっていますので、マンホールの蓋などに使われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る