世界に影響する金

金は数千年以上も前から人々を魅了してきた金属として知られています。
採った金の内、およそ5割が宝飾品として使われますが、冷めにくいという特性や柔らかく伸びやすいという特性から、工業利用としても重要視されている金属なのです。

金は世界中で生産されている金属ですが、アメリカ、中国、南アフリカ、オーストラリア、ペルー、ロシアの6ヶ国だけで世界の生産量の半分以上を占めており、地域によって生産量に大きな違いがあることが分かります。

以前は地上にも多くの金がありましたが、現在では地上の金は殆ど採り尽くした状態で、地下に眠る金を掘り起こすのが基本となっています。
今では科学技術の進歩により、人工衛星で掘り起こせる金鉱脈がどこに眠っているのかを探し出すことも可能だそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る