金属熱処理技能士とは

金属熱処理技能士は金属の加熱や冷却によって、その性質を変化させる技術を有した人に与えられる国家資格です。
一般熱処理作業から浸炭、実技試験では火花試験や顕微鏡を使用した組織判定等の作業をクリアしなければなりません。

一番簡単な3級は誰でも受けられますが、2級では実務経験2年以上若しくは3級合格者、1級では7年以上の実務経験者、若しくは2級獲得後2年以上、3級合格後4年以上の実務経験者、特級では1級合格後5年以上の実務経験が受験資格として設けられています。
このことから自分の経験に合わせて着実なキャリアアップを図る為に取得するのにも最適な資格と言えるでしょう。

いずれかの級に合格すると、名刺には「◯級金属熱処理技能士」と等級から明記する必要があります。
履歴書の場合には取得した年月日から記載する必要があるので、注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る