3Dプリンターを使った新たな金属の加工方法とは

金属3Dプリンターという新たな金型製作技術が注目されていますが、一体どういった仕組みで金属製品を作り上げているのか知っていますか?

金属の粉をレーザービームで溶解させつつ積み上げるという技術であり、3Dのデータをスライスして、CTスキャンで1枚1枚撮影するように、レーザーで焼き固めていくのです。

材質にはチタンやアルミ、マルエージング鋼やインコネル、ステンレスが使われていて、粉末金属を敷き詰めて溶かして作り上げていきます。

スライスデータから1層ずつ繰り返して造形を行うことで、3Dモデルを造形することができますよ。

プリンターの中では、造形ステージの上に基準となる金属プレートが設置されていて、金属粉を溶かして固めたら、ステージのテーブルを下げることにより2層3層と積み重ねることができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る