成形加工の特徴

金属の重量を減らさない、詰まり金属素材を除去させずに変形させる作業を「成形加工」と呼びます。
成形加工の代表的な例として挙げられるのが、熔解した金属を希望の形状の型に流し込んで冷却させる「鋳造」、熱と圧力で金属材を機械で扱いやすくする「塑性」でしょう。

読んで頂くと分かる通り、他の加工では無い衝撃や高温にさらされることが多い加工技術のため、使用する道具や機械もこれらに耐えられる強いものが使われるのが特徴です。
鋳造に関してはアルミ缶を溶かしてDIYを楽しむ個人の方も多いので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。
もちろん高温を取扱うことになりますから、行なう場所やお子様なら一人でさせないなどの注意点は多々あります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る