ビスマスの注意したい取扱い方

美しい結晶が取り出せることや、それをアクセサリーにしたりするのに人気なビスマス鉱石ですが、取扱いには十分な注意を払う必要があります。

まず作業は屋外で地面の上において作業するのが安全で、扱う時には機械を取扱う時に使うような丈夫な革手袋をしてください。
また、溶かす時には一気に溶かすのではなく、少しずつ様子を診ながら量を増やしていって溶かしましょう。

そして作業中に最も注意したいのが水気です。
溶けたビスマスの中に水分が入るとビスマスが大きな反応を起こし、例え一滴の水分であっても跳ね飛びます。
特に溶けたビスマスに濡れたビスマス鉱石を投入すると、水分が行き場を失い、結果的により大きな反応を起こして非常に危険です。

ビスマス鉱石はこのように、大人でも十分に取扱いに注意しなければならない物ですので、お子様を一人で作業させないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る