自宅で金属板に刻印する方法

今回は家でも簡単に出来る金属のウェットエッチングの方法をご紹介致します。
この方法を使えば、ご自宅にある金属製品に名前を刻印したりできるので、アウトドアが好きという方なんかにおすすめです。

用意するものは爪楊枝1本、ワニクチクリップコード2本、酢と食塩の溶液を大さじ1杯ほど、柄がプラスチックの綿棒、色の濃いラメ無しネイルエナメルと除光液、9ボルト乾電池、そしてコーティングされていないエッチング加工したい鉄やステンレス、アルミ、銅などです。

まず金属の表面を綺麗に拭き取り、ネイルエナメルを刻印よりも大きめになるように広範囲に塗ったら、ネイルが乾かないうちに爪楊枝で刻印したい文字やロゴなどを描いていってください。
描けたらネイルが乾くのを待つ間、ワニクチクリップコードで金属を乾電池の+側に、酢と塩の溶液で湿らせた綿棒の先を乾電池の−側に繋げます。

そしてネイルが乾いたのを確認したら、ワニクチクリップのクリップの部分を持ちながら綿棒をペタペタとネイルエナメルを塗った部分に押し当てるようにしていきましょう。
綿棒が黒くなってきたら削れてきた証拠ですので、後は様子を見つつお好みのように削れるまで押し当ててください。
満足のいく形になったらセットしたものを全て外して、除光液でネイルエナメルを拭き取れば完成です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る