異種金属を一体接合する技術について

異種金属を一体接合する技術が開発された事で、熱交換器のアルミで良い部分はアルミに置き換えられ、水に触れる部分だけを銅にするという事が可能になり、大幅なコストダウンや軽量化を実現しています。

現在、一般的に熱交換器には銅が使用されていますが、これは使われる水道水が飲料水として使われる事が多い為です。
アルミを使う事も考えられますが、アルミが腐食してしまう可能性、更に現状でアルミが人体に及ぼす影響が明確にされていないと言う点からアルミが使われる事は殆どありません。

異種金属を一体結合すると、必要以上に銅を使用していた熱交換器や放熱器の部品構成を最適化する事が可能となりました。
冷凍機やヒートポンプなどにも応用が可能ですので、コストダウンにより私たちが普段使用している家電の低価格化にも期待が持てます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る