人の身体に必要な金属

身近な金属と聞くと道具や機械に使われているもののイメージが強いですが、実は私たちの体の中にも生きていく上で大切な金属が沢山あります。

例えば血に含まれている鉄は酸素を届ける役割を持っていますし、5円玉などにも使われている亜鉛は私たちの体内では、病原菌などの外敵を倒す、血を止める、赤ちゃんや子供の成長を助けるといった沢山の役割を持っています。

そして歯や骨を作り出したり、筋肉や脳の働きにも働きかけるカルシウムも大切な金属の一つです。
ナトリウムやカリウムは見たり触ったり聞いたりした情報を脳に届ける神経の働きや、脳からの指示を全身に伝える役割もあるのです。

このように人間を含んだ生き物の中で活躍している金属のことを、まとめて「ミネラル」と呼びます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る