カテゴリー:金属技術

  • 3Dプリンター ProX DMP 320

    真空チャンバーに不活性ガスを注入することによって酸素濃度25ppmを実現します。より高い機械特性を求める金属部品に関しては低酸素濃度雰囲気での焼結が効率よく作成することができます。 高速粉末リサイクルモジュールで高…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属3Dプリンターでアルミを造形するために

    アルミニウムはすぐに冷えて固まってしまうため、金属3Dプリンターで他の材料と同じように加工を行なってしまうと、大きなひずみなどが発生してしまいます。 それを防ぐ為にアルミニウム造形には高温造形・室温造形という方法のうち…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属3Dプリンターの価格

    金属3Dプリンターで対応してもらう時に注意しておきたいのが、造形姿勢によって価格が変わってくると言う点です。 造形姿勢は金属3Dプリンターで非常に重要なことで、それぞれの企業でその造形姿勢は大きく変わってきます。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • B-CASカードの金属部分のお手入れ

    B-CASカードの裏面を見て頂くと分かりますが、小さな正方形の金属部分があると思います。 普段から意識しなければならない場所ではありませんが、差し込んでいるのに「B-CASカードが差し込まれていません」というようなエラ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ステンレスのはんだ付けの方法

    100wタイプの家庭用のはんだこてを使うと、ステンレス製品のはんだ付けを行なう事が出来ます。 今回は底が錆びてしまって穴が空いてしまった噴霧器をはんだ付けで修理します。 まず底の錆をワイヤーブラシで綺麗に取り除き…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 金属火災に対応した新装置

    一部の火災の原因や爆発の危険性が高い金属による金属火災は、水や消化剤では燃焼温度が高すぎて消火ができません。 更に水と激しく反応を起こし、更なる水素爆発を起こしてしまう可能性もある為、金属火災の消火には時間がかかってし…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 本田金属技術株式会社

    1963年に創業以来、50年以上も自動車やバイクなどの軽金属を作り続けてきた会社で、日本のみならず海外にも拠点を持っており、高い技術を世界に知らしめています。 軽金属技術のメーカーとして、金型の製作から製品作りまで…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 異種金属を一体接合する技術について

    異種金属を一体接合する技術が開発された事で、熱交換器のアルミで良い部分はアルミに置き換えられ、水に触れる部分だけを銅にするという事が可能になり、大幅なコストダウンや軽量化を実現しています。 現在、一般的に熱交換器に…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る